ダンサー上村なおかの最新ニュースや日々のあれこれ。
Moratorium end
3月になりました。

M-laboratory 「Moratorium end」おかげさまで全公演終了いたしました。

劇場に足を運んで下さった方、大切な時間をあの場に来るという選択をして下さいました。
応援して下さった方、メッセージをカラダに刻んで奮い立たせました。
スタッフのみなさま、繊細な作業の数々、温かな心遣い、舞台というものの貴さをいつも教えてもらっています。
共演者のみなさま、稽古を経て、共に旅をして来ました。
お互いを見て、聴いて、嗅いで、触れて、感じて、味わってやってきました。
作者の三浦さん、この作品をやるという決断をし、出演のチャンスを与えてくれました。
公演全てを、座組全ての責任を負うという大役。どれだけのエネルギーが必要なことか。

やはり、
全て感謝したいのです。
全てに関わった自分です。
作品の至る所に、自分もいたし、みんなもいた。
そんな風に感じます。

過ぎたことだけど、もっとこうすればよかった、ということも沢山あります。
それも含めて、旅を続けていきたいと思っています。

ありがとうございました。
Posted by 上村なおか
comment:0   trackback:0
[公演・ワークショップ
2月の舞台その2
2月の公演・その1のキラリふじみでのダンスカフェ、
おかげさまで好評のうちに終わりました。外の風景とともにある二つの作品。
キラリのスタッフのみなさま、ディレクターの白神ももこさん、来て下さった方、応援して下さった方、
ありがとうございました!色んなところで再演できる予感がします。
山小屋、古民家、学校、夢は広がります。呼びたい!という方、ご連絡を!

楠美奈生さん、尾形直子さんというふたりがいなかったら、実現できなかったと思います。感謝!
そしてそのふたりはこの写真のどこかにいます。探してみてくださいませ。
キラリふじみ20170211

さて、そして2月の舞台その2です。
このところクリエーションをご一緒する機会に恵まれてきた振付家・三浦宏之さんの作品に出演です。

三浦さんのカンパニー、M-laboratoryは7年前に活動を「停止。」という作品で停止しました。
私はその作品にも出演しています。その後、思えばあっという間の7年。それぞれの7年。
この度、活動再開です。タイトルは「Moratorium end」これまでの年を重ねたメンバーに加え、
大好きなダンサー・小暮香帆さんも出演します。岡山ではプログレス公演も一緒でした。
色んな角度から色んなものが透けて見えるような作品でもあるように感じます。
是非、お立ち会い下さい。チラシも透けて見てみてください。

Moratorium end 表
Moratorium end 浦


M-laboratory 新作公演
「Moratorium end」

私は虚無の中にありながら、存在している。
​私の存在が、虚無を溶かしてゆく。

作・構成・振付 /
三浦宏之
  
出演・振付 /
今津雅晴 上村なおか 笠井瑞丈 兼盛雅幸
小暮香帆 斉藤栄治  鈴木秀城 丸山武彦

日時 /
2017年2月25日(土)19時
    2月26日(日)15時・19時
(開場は開演の30分前より)

会場 /
中野テルプシコール
(東京都中野区中野3-49-15 1F)

料金 /
一般前売 3000円 当日3500円
学生前売 2500円 当日3000円

チケット予約フォーム

iセブンイレブン発券・Confetti予約
http://confetti-web.com/moratoriumend
Confetti電話予約 0120-240-540(平日10時〜18時)

主催 /
M-laboratory

制作 /
Works-M

M-laboratory 公式サイトMoratorium end 特設ページにてtrailer映像を公開中。
またFacebook・Twitterではリハの様子など最新の情報をお届けしています。
ぜひ一度ご覧ください。

 http://worksmlabo.wixsite.com/m-laboratory/moratorium-end
Posted by 上村なおか
comment:0   trackback:0
[公演・ワークショップ
2月の舞台その1
2月の公演のご案内です。
2月は2つの公演に参加いたします。

ひとつめ。
今週末、2月11日(土)に、きらりふじみ・ダンスカフェのシリーズに登場いたします。
これは、キラリふじみのアソシエイトアーティストの白神ももこさんが毎月セレクトしたアーティストが
月ごとに開催するもので、トークや地元の飲食店によるカフェの時間もあります。
キラリふじみはプログラムも面白いものが多く、一度行ってみたい、踊ってみたいと思っていたのですが、
念願が叶いました。

今回は「コトバとカラダが遊ぶ日」と題しまして、2つのプログラムで行います。
13:30は、楠美奈生さん、尾形直子さん出演の「アラシノヨルニ」私はコトバで参加です。
17:00は、上村のソロ、「Life0211」昨年、studioGOOで始めた「Life」シリーズの第二弾です。

入場料はなんと500円!
お子様も赤ちゃんもOKという、なかなかない企画です。
ぜひ遊びに来て下さい。
お待ちしております!


ダンスカフェ詳細はこちら
Posted by 上村なおか
comment:0   trackback:0
[公演・ワークショップ
2月の街なかダンスクラス
寒さ戻る本日。
毎週木曜日の十条のスタジオヴィ街なかのダンスクラス、
2月は23日(木)のみお休みとなっております。
よろしくお願いいたします。
Posted by 上村なおか
comment:0   trackback:0
[公演・ワークショップ
2016年ありがとうございました。
2016年も大晦日。今年もおかげさまで色々な場所で踊らせて頂きました。
支え下さった方々に心から感謝いたします。
ずいぶん前になりますが、「誰にも頼まれなくでも踊りをやっていこう」と決意してから、
本当の意味で踊りに向かい始めたように思います。

<2016年の舞台>
1月30日〜31日 「クオリアの庭」@横浜赤レンガ倉庫 
           一昨年から続いた三浦宏之さんのWorks-M のプロジェクト。横浜が最終。
           旅するカラダ。仲間たち。作品を作るということについて深く感じるものがありました。

3月19〜21日  「solo」@セッションハウス
           久しぶりの自主企画ソロ公演。「ひとつの身体」についてのソロダンス活動の再開。
           ひとりだけれどひとりではないソロダンス。

4月28日      「オイリュトミー版 日本国憲法を踊る」@いずみホール
           笠井叡先生の「日本国憲法を踊る」のオイリュトミー版。言葉の力としての日本国憲法。
           踊ることで実感する言葉は新しく刻まれる身体感覚でした。

5月14〜15日   「廃墟の世界」@金沢21世紀美術館 シアター21
           宝栄美希さんが主宰の北陸ダンスフェスティバルにて。笠井瑞丈さんとのデュオ。
           今回のフェスでは沢山の人との出会いがあった。また継続していきたい。

7月30日      「solo」@岡山・ホワイトキャンパス
            三浦宏之さんのWorks-Mの本年度企画「solos」シリーズに呼んで頂く。
           「solo」を再演できる喜び。新たな場所では新たな発見。

8月28日      「青と金色」@セッションハウス
            セッションハウスの神楽坂ダンス学校・夏校でのワークショップ生による公演。
            近年繋がって来たワークショップから作品での流れ。出てくれたみんな、ありがとう!

9月4日       ライブペインティングとダンス音楽@熊本・SOJOギャラリー
           画家・有田巧さんの個展「少年記」でのパフォーマンス。また訪れたかった熊本。
           リブペインティングは有田巧さん、音楽は葉山耕司さん。
           震災の後の熊本城と人々。台風の中のダンス。巡り合わせの遭遇。 

9月8日       ムゲン即興vol.2「融合」@渋谷クラシックス
           ピアノの照内央さん、フルートのYukariさん、パーカッションの松本ちはやさんと。
           パワフル、繊細、またきっとやる。やりたい。  

9月17〜19日    「ダンスのための6人vol.4」@スタジオGOO
ずっと参加したかった吉福敦子さんの企画。ソロで「Life」を発表。
            今後シリーズ化していく言葉とのダンス。

10月14〜15日  「美紗姫物語」@世田谷美術館
            志村ふくみさんの展覧会での、作品の前での作品。
            志村さんが若き日、戦時下の空襲のもとで 書き下ろした「美紗姫物語」を笠井叡先生が踊る。
私は笠井禮示さん、浅見裕子さんとともに オイリュトミーで参加。
笠井潔さんのフルート生演奏、原仁美さんの朗唱とともに。

11月19〜20日  「終わる前」@岡山・内山下小学校
            活動を再開する三浦宏之さんのlaboratoryの 「Moratorium end」のプログレス公演。
            一週間の濃密なレジデンス稽古を経ての、二度と無い時空。今津雅晴さん小暮香帆さんと。

今年はお正月の帰省に始まり、横浜も泊まり、金沢フェス、瑞丈さんの「MESH 」を見にフィンランド、京都へ「燃え上がる耳を見に行って鞍馬山探険、岡山はソロとプログレス公演、久々の熊本、ベルギーでの稽古三昧、と旅の多い年でした。と振り返っている今も帰省中。
いない間をしっかり守ってサポートしてくれた家族や同僚、仲間に感謝です。

様々なカラダの変化、お別れ、年々増えます。失っていくものと今あるものの両方に感謝です。
どんなこともひとつひとつと向き合って、受け入れてやっていけますように。

辛いニュースや悲しい出来事、これからの価値観がグラリと変わっていきそうな世の中の気配ですが、
カラダで実感できることを指針に、コツコツとやっていくしか自分にはないように思います。

本年もありがとうございました。
新年が佳き年になりますように。



Posted by 上村なおか
comment:0   trackback:0
[あれこれ
| HOME | next